今流行りの結婚指輪のデザインって?

これからずっと付き合ってゆくもの

言うまでもなく、結婚指輪というものは一生モノのアイテムです。既婚者であることを示すシンボルであり、これから長く着用し続ける前提で選ばなくてはいけません。もっとも指という繊細かつ負荷のかかる部位に装着する関係上、嵌めたままだと不都合のある職種もあるので一概には言えませんが、多くの場合はずっと嵌めたままというのが共通の認識でしょう。
ですから、結婚指輪のデザインを考える上では実は「流行」はそこまで大きなウェイトを占めていないのです。十年二十年、それ以上先の流行を見据えた上で選ばないといけません。かといって、むやみと保守的なデザインに走るのも考えものです。現在古いものは、この先どんどん古くなっていくものでもあるからです。古びない部分をきちんと見据える必要があります。

デザインの奥に込められたもの

さて、前置きが長くなってしまいました。要は今の流行に拘泥するのではなく、未来志向を意識したデザインを選ぶほうが良いということです。現在流行しているのは複雑で美麗なデザインですが、これは将来的にどこまで残るかが未知数です。単に複雑なだけでなく、その中から普遍性を組み上げてゆくことが大事です。例えば現在の流行のメインストリームでは、ハワイアンの伝統デザインを取り入れた結婚指輪が人気を集めています。こうしたものを選ぶ場合、単に人気のデザインを漫然と選ぶのではいけません。デザインの中に込められた意味を勘案して選ぶことで、結婚指輪は決して古びないものとなるでしょう。意匠は古びてしまいますが、そこに込められた思いが古びることは決してないのですから。

© Copyright Wedding Ring Vows. All Rights Reserved.